読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な生活をめざして

30年つとめて退職をしました。今後の人生を有意義に過ごすためにいろいろと考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


「せどり」の紹介①

私が小遣い稼ぎをしている『せどり』を紹介します。


私は、退職を決めたときから、退職金は住宅ローンの残りに消えていくことが分かっていましたので、何かお金儲けをしなければと考えていました。

退職後の『自由な生活』を確保するためです。


そんな時にネットを通じて知ったのが『せどり』というお金儲けでした。

せどり』とは、特に古本を安く買って高く売ることで利益を得ることからスタートしたようです。


今では、あらゆるもの(おもちゃ、家電、食品、etc)で実践されていて、新品なども対象になっています。

それは、品不足となって定価を大きく超えて販売されているものがたくさんあるからです。


では、それらをどこで売るのかということですが、主な販売先は『Amazon』になります。

Amazon』は広く出品者を募っています。


広大なネット上でお店を出しても、なかなかお客さんは来てくれません。

でも、『Amazon』であればものすごい集客力を誇っています。

そこに出品すれば、多くのお客さんの目にとまります。


そういうことを知って、半信半疑で、まず自分の持ち物を出品してみて様子を見てみました。

まず、持っている本を出品してみたところすぐに売れてくれ、「これだ!」と確信しました。


それから、持っていたCDも試し、近くのリサイクルショップにも行って『安く買って高く売る』ということにも挑戦していき、順調に売り上げを伸ばすことができました。


なぜ、売れるものが事前に分かるのかというと、「モノレート」というサイトがあって、アマゾンで売られている商品が、これまでいつ、いくらで売れたのかということを教えてくれているからです。

例えば、リサイクルショップで見つけたCDの商品コードを打ち込んで調べると、これまでのデータを教えてくれます。

ですから、これまで売れていて、これからも売れそうなものが分かるという仕組みになっているので、取り組みやすい商売になっているのです。


「『せどり』は後出しじゃんけんだ。」と言われる方もいるくらいです。

というわけで、月5万円くらいの小遣い稼ぎであれば、仕事をしながらでも楽に達成できると思います。


次回から、実際にどのようにして『Amazon』で売るのかとか、どうやって仕入れをするのかとかいったことを説明していこうと思います。

退職後の小遣い稼ぎに興味のある方の参考になれば幸いです。