読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な生活をめざして

30年つとめて退職をしました。今後の人生を有意義に過ごすためにいろいろと考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


ソロモンの偽証

録画しておいた「ソロモンの偽証」を見ました。

前・後篇で4時間40分ほどあるのですが、一気に見てしまいました。

見応えのある、いい作品だったと思います。


宮部みゆきさんの作品は「模倣犯」もそうですが、完全な善人が死んでしまう場面があって、それが事件の不都合さを強調しているのでしょうが、なにかやりきれなさを感じてしまいます。

と、いってもこの2作しか知らなくて、小説も読んだことがないのですが。

 

録画しておくと、こうして続けて見られるし、中断もできるので便利です。

ですから、テレビで映画を見るときは、ほとんど録画です。


知らなかった作品や、劇場に出かけてまで見たいとは思わなくて、見逃していたものを録画してみています。

主に(というかほとんど)、WOWOWです。


退職して、劇場で、テレビで、こうして映画を見る時間ができたことがうれしいです。


2月以降に見たのは、、、


娚の一生」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「潔く柔く」「黒崎くんの言いなりになんてならない」「g@me」「GONIN 2」「白ゆき姫殺人事件」「転校生」「ピンクとグレー」「僕だけがいない街」「みんな!エスパーだよ!」「トランスポーター、2、3、イグニション」「愛を積むひと」「海を感じる時」


などです。


「海を感じる時」の市川由衣さんは、以前、NHKの時代劇に出ていたのを見たことがあります。

女医で、柔術の達人のような役だったように覚えていて、清楚な感じのイメージでした。


今回は、大胆な性描写もあって、この2つの作品しか知らない(と思っているのですが)私にとっては、新しい魅力の発見となりました。


「転校生」は何度見ても『いい映画だな』と思わせてくれる、好きな作品です。

「g@me」も、最後バタバタしすぎのように感じますが、楽しめる作品です。

「トランスポーター」のシリーズも好きです。


これからも、たっぷりある時間を使って映画鑑賞を大いに楽しもうと思っています。