読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な生活をめざして

30年つとめて退職をしました。今後の人生を有意義に過ごすためにいろいろと考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


無限の住人

「無限の住人」を観ました。

殺陣のシーンは迫力があって、見応えがありました。

でも、少々残虐すぎるきらいもあって、目を背けたくなるときもありましたが、、、。


トーリーの展開はありきたりなもので、なぜ飛び道具を初めから使わないの、とつっこみたくなりましたが、杉咲花が、演技はともかくかわいらしい役柄で、それだけで私は楽しむことができました。


木村拓哉の時代劇といえば、私は「武士の一分」が大好きです。

特に、檀れいが魅力的で、DVDを借りて何度も観ました。

山田洋次監督の丁寧な場面構成、ストーリー展開やきれいな映像に魅せられてしまいます。


「武士の一分」「隠し剣鬼の爪」「たそがれ清兵衛」藤沢周平3部作はどれも見応えあって、大好きです。

ちなみに、藤沢周平の小説に填った時期があって、文庫本では全て読んだつもりです。

 

f:id:kiyomaya:20170501220714j:plain

私の部屋の本棚です。

上の段の右から4冊を除いて、藤沢周平の小説です。